築年数が経過し、住宅のメンテナンスで塗装工事をご検討される方がいらっしゃると思います。

外壁が汚く見えるようになったから、周りの住宅が塗装を行い始めたから、飛込み業者が多く来るようになったから等、大抵は見栄えを良くするための理由が多いかと思います。

しかし、実際は住宅の耐久性を維持するために非常に重要な役割を持ちます。

塗装メンテナンスを行うことで、セメント等の吸水しやすい原料の外壁材を保護し、外壁材が傷まないように保護することが出来ます。

今まで何度清掃しても苔が付着して困っているお住まいの方はいらっしゃいませんか?正に塗膜が劣化することで、外壁材に汚れ・苔やカビの付着が起こるようになります。

塗装を行う目安は、新築は安価な塗料で仕上げている事が多い為、5~8年程度での塗り替えが推奨されています。

改修の場合は、前回使用した塗料の耐久性に合わせてメンテナンスサイクルが異なります。シリコンであれば約10年、フッ素や無機塗料などグレードが高い場合は15年程度になるかと思います。

塗装は見栄えを良くするためだけの工事ではありません。住宅に長期的に安心して過ごせるように、メンテナンスを行っていきましょう。

Trackback

no comment untill now

Add your comment now