瓦のメリットとデメリットについて説明します。まずメリットは大きく分けて三つあります。

一つ目は塗り替えがほぼ不要であることです。瓦は板金屋根のように塗料を使用していません。そのためほぼ永久的に色褪せることがないので塗り替えの手間と費用がかかりません。瓦というと高いイメージがありますが、長期的にみるとお得と言えると思います。

二つ目は熱に強いということです。瓦は陶器などのように熱に強い特性があります。そのため板金屋根に比べて劣化が遅いです。土地柄にもよりますが、半永久的にメンテナンスが必要ありません。

三つ目は断熱効果が高いということです。瓦は熱に強いため家の中を快適に保ってくれます。

 

次にデメリットは二つあります。一つ目は重さです。瓦は板金屋根に比べて重さがあります。そのため震災などがあると瓦が剥がれ落ちたり重みで家が潰されたりする可能性があります。よく地震などで崩れている瓦屋根を見かけることがあると思います。それは瓦の重さが原因なのです。二つ目は半永久的に使用できる瓦ですが万が一、修理が必要になったときです。瓦は板金屋根と比べて高価です。修理するとなるとかなりの費用がかかってしまいます。

Trackback

no comment untill now

Sorry, comments closed.