近隣への配慮

近隣とのトラブルを起こさないようにする

リフォーム工事の際、近所へかかる迷惑は、工事の時に発生する音だけではなく、塗装の臭い、解体時のほこり、工事関係者の出入りや駐車の問題などいろいろあります。
何も知らされず工事をいきなり始められれば、ちょっとしたことでも気に障るでしょう。
ほんのささいなことが大きなトラブルへと発展し、せっかく家はキレイになったのに、そこに住みにくくなってしまっては本末転倒です。

長期間の工事なら工事中にも尋ねてみる

リフォーム工事を開始する1週間前には、必ず近所へ一声かけておきましょう。
最近では業者が挨拶回りをしてくれるケースも多いようですが、宣伝がメインの場合もありますので、すべて業者任せにはせず、施主自らが回っておくことが大切です。
どうしても会えない場合には、手紙を入れておくのもよいでしょう。
挨拶のときには、工事の開始日と工事の終わる予定日を伝えます。
いつ終わるかはっきりしないというのは、けつこう気になるものです。

また、一日の工事の時間、休みの日、大きな音や臭いのする日などがあればその予定日、車を停める位置の確認など、できるだけ詳細に伝えるようにしましょう。
長期間にわたる工事なら、迷惑をかけていないか工事中にも尋ねてみてください。
挨拶する範囲は、二戸建ての場合、向こう3軒両隣と裏の家3軒(自宅の周囲)を基本として、車の出入りに影響のある範囲には最低限声をかけておくようにしましょう。
マンションの場合は、上3軒+両隣+下3軒が基本ですが、資材の搬出入で使用する廊下に面した(本もできれば加えておくほうがよいでしょう。
これからもずっと長く住む家だからこそ、近隣への配慮を忘れずにしておくようにしましょう。

こうした問題は外壁塗装工事ではよく聞くトラブルの1つです。
塗装の工事に配慮してくれる業者さんをご紹介しておきます。
千葉の柏市で外壁塗装をお考えの方には特におすすめの千葉外壁塗装工房さんです。
外壁塗装 柏」で検索するとすぐ見つかりますよ。