工事中のトラブル

工事中は空き巣に入られやすい

リフォームの工事中に空き巣に入られるトラブルが増えています。
サッシの交換などで一時的に窓を取り外している場合は特に、空き巣に入られないよう、毎日その部分をきちんとふさいでもらうようにしましょう。
「こんなところから人が入れるの?」というようなすき間から侵入され、被害に遭ったということもあります。小さな窓でも注意してください。

また、作業着を着て工具を持ち、いかにも工事業者を装った空き巣もいます。
近所の人も「工事の人だろう」と見逃してしまうことも多いそうなので、リフォーム中は業者とよく打ち合わせし、どの日にどんな工事が行われるのかを把握しておくなど、お互いに協力し合って普段以上に防犯対策を心がけましょう。

ペットへの配慮も忘れずに

ペットを飼っている家でリフォーム工事を行う際には、動物たちにも工事関係者にも、お互い邪魔にならないような配慮が必要です。
動物たちは概して人間より神経質です。
警戒心が強い動物の場合、大きな音やホコリが発生したり、知らない人が毎日出入りしたりすることでストレスがたまり、脱毛症や下痢など体調を崩してしまうことがあります。

庭につないでおいた犬が大きな音に驚いて鎖をちぎって飛び出していってしまったり、普段閉まっているはずの窓やドアが工事のために開け放しになっていて、室内飼いの動物が迷子になってしまったりすることもあります。
ペットは工事を行う部屋からできるだけ離れた部屋へ置いておき、ドアや窓の開聞には注意を払います。
犬を外につなぐ場合は、工事の人が通る場所から離してしっかりつないでおきましょう。
コンクリートなどの解体作業など大音量の工事がある場合には、ペットホテルへ預けることも検討してみるとよいでしょう。