リフォームのコストダウンのコツ

予算オーバーになったときの解決方法を知っておく

希望通りのプランで見積もってもらったら、予算をはるかに超えてしまった、ということはよくあります。

そこでコストダウンの検討に入るのですが、注意しなければならないのは、見かけの工事の大小や部材の増減と、実際の工事費の変化は比例しないということです。
建築工事では、小さい工事でもたくさんの業者が関係したり、部材をひとつ省いても絡みの工事があったりするため、金額がほとんど下がらないことがあります。

逆に、ほんの少し工事内容を変えただけで金額が大きくアップすることもあります。

まずは、どこにどれくらい費用がかかっているのか確認し、その上で業者からコストダウンのための提案をしてもらいましょう。

ただ、コストダウンにこだわるあまり、本来のリフォームの目的を逸脱してしまうことがよくあります。

たとえば、安い材料にしたため掃除がしにくいというのでは、せっかくのリフォームも台無しです。

コストダウンの提案をしてもらう際には、リフォームの「目的」をしっかり伝えておくことが欠かせません。

工事内容の見直しでコストダウン

例えば屋根のリフォームを考えたとき、屋根材を新しくする(葺き替える)とコストはかなりかかります。
理由として、まず既存の屋根材の廃棄費用がかかります。
しかも、アスベストを含んでいた場合、廃棄費用は通常の屋根材よりも高くなります。

しかし何とかコストダウンしたい、そんなときは新しい屋根を上からかぶせてしまう工法、カバー工法がおススメです。
まず、何よりも廃棄費用がぐんと安くなります。
これは、既存の屋根材をそのままに、新しい屋根材を上からかぶせる為、その分廃棄する材料が少なくなる為です。
また、工事も葺き替えるときよりも簡単で早く終わる為、人工(にんく)代もコストダウンできます。

それでは、カバー工法が得意な屋根リフォーム専門店を1社ご紹介します。
千葉の屋根リフォーム専門店、街の屋根やさんです。
気になる方は一度相談してみると良いでしょう。