リフォーム中に気になった点は確認を

工事中に不安に思ったことはすぐ確認

リフォーム工事の途中で起きがちなのが、「想像したよりも暗い」「なんだか狭い気がする」といった不安です。
仕上がる前の段階は、養生シートと呼ばれるものがかぶせられていたりして薄暗いこともあるでしょう。
そのような杢安が起きたときには遠慮なく、業者に担談しましょう。
仕上がってみたらずっと明るく広く感じた、ということも多いのですが、やはり暗くて狭かったのでは、せっかくリフォームする意味がありません。

変更の希望は早目に申し出る

工事の途中で、もっと窓を大きくしたい、もっと棚を増やしたいなど変更したくなることもあります。
工事途中の変更はトラブルの種にもなりやすいのですが、とにかく早めに申し出ることがポイントです。
その際、変更にかかる費用を必ず事前に算出してもらってください。
いったん加工した材料などの返品はできませんし、サッシや設備機器など発注した後では交換がきかない商品もありますので注意を。
当然、工期も延びますので、工事期間の確認も忘れずに行いましょう。
棚を増やしたいというようなちょっとした追加の場合も、どれくらい費用がかかるか確認してから依頼しましょう。

「サービスだと思ったのに」「いえ、これは追加費用がかかるんです」というような行き違いはとても多く、それがキツカケで大きなトラブルに発展してしまうこともあります。
「ここは約束と違う」と思う部分を見つけた場合も、できるだけ早めに連絡を入れ、確認をとりましょう。
すべて出来上がってから指摘しても、希望通りに直してもらうのには、大変な手間と時間がかかってしまいます。

せっかくの屋根リフォームですから、お互いに気持ちよく工事を進めたいですね。そんなトラブルを防ぐ努力をしている屋根リフォーム専門店を1社ご紹介しておきます。横浜の屋根リフォーム専門店の街の屋根やさん横浜さんです。

工事前の打ち合わせはしっかりと記録を残し、工事の変更が必要な場合は必ず事前に連絡をくれるので安心して工事を進めることができます。