こんにちは。皆さんはマイホームのご購入をお考えではないでしょうか?

そこで大切になって来るのが「屋根の勾配」です。屋根の勾配の付け方は様々なメリットデメリットがあります。

それぞれ、メリットデメリットを記事にまとめていきます。

 

【屋根を急こう配にすることのメリットデメリット】

屋根を急こう配にすると一番いいのが「耐水性が高まる」ということです。雨水が屋根に溜まりにくく、雨漏りを起こしにくい屋根になります。

 

しかし、急勾配な屋根にすると設置にそれなりの技術も必要となり設置費用が多少割高になります。

雨から家を守る能力は高いですが、今後のメンテナンスなどの費用も高くなってしまうのがデメリットです。

 

【緩勾配にすることのメリットデメリット】

では逆に緩勾配にすることのメリットやデメリットはあるのでしょうか?

それは逆に「風の影響を受けにくい事」と施工費用を比較的安く抑えられるという事です。

ただし、逆に屋根に雨水がたまりやすく雨漏りをしてしまう危険性も高まります。

【まとめ】

どちらの屋根の勾配にしてもメリットデメリットが存在します

しっかりと業者さんとの打ち合わせを行い、どんな屋根にするのかを決めていくのがベストでしょう。

 

Trackback

no comment untill now

Add your comment now